«

»

7月 27 2020

2TB HDD 増設

最近動画を少し撮影する様になって保存用のハードディスクが心もとない状態になって来ました。
パソコンの本体側に 2TB HDD x2 が内蔵されています。これを 4TB の物に置き換えるか悩んだ末に外付けに格納されてる古い画像データ用のHDDを入れ替える事にしました。
外付けの HDD は Centuryの裸族のカプセルホテルを使用してHDDを4機搭載し過去の画像イメージを全て保存してます。
こちらに搭載したドライブを2機外して新たにamazonから2TB のHDD (SeaGate BarraCuda 2TB)を購入して入れ替えを実施しました。簡単にドライブを差せば使えるのでとても便利です。
この増設で 2TB HDD x6 とシステム用のHDDx1 の構成になりました。これで当分は動画用と古い年度の画像データは外付けHDDに保存する方法で使いたいと思います。
ちなみに SeaGate BarraCuda 2TB HDD を選択した理由は信頼性と回転速度が 7200rpm であると言う点です。そろそろもう少し大容量を考える時期なので次回の購入までにベンチマークをよく見て 3TB, 4TB, 6TB 辺りを検討したいと思います。

キャッチアップ画像として朝方セミの声が凄かったのでマンションの植え込みを見に行くと沢山のクマゼミが鳴いてました。例年に比べるとその数は倍ほど今年は多いです。

撮影データ:Nikon Z6 AF-S Micro Nikkor 105mm f/2.8G FTZ 露出Mode: Manual 1/125秒 F8 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 2TB HDD SeaGate BarraCuda
Z6M_5756_blog

写真2 クマゼミ
Z6M_5776_blog

写真3 クマゼミ
Z6M_5861_blog

写真4 クマゼミ
Z6M_5936_blog

写真5 クマゼミ
Z6M_5956_blog

写真6 クマゼミ
Z6M_5971_blog

写真7 クマゼミ
Z6M_5992_blog

写真8 クマゼミ
Z6M_6000_blog

4 comments

Skip to comment form

  1. mukataka2002 さん

    こんばんは。
    機材物の記事も、いつも楽しく拝見しています。

    さて、写真のデータを保存するハードディスクですが、私もいつも悩んでいます。
    現在、私は4TのUSB外付けでバックアップはBL-R、奥さんは3TのUSB外付けでバックアップは他機種で同じ容量の物を使っています。(コストも安いので)

    今回、2Tの内蔵型のHDDを選ばれたのは、何か特段の理由があるのでしょうか。
    また容量が一杯になったHDDは、どのように保管されていますか。
    ご教授いただけたら、幸いです。

    よろしくお願いいたします。

    1. 味谷

      今晩は、ご連絡有難う御座います。
      2TB HDDを選んだ理由ですが、次の様な結論からです。
      1 あまり容量が大きいと障害発生時に失うデータが大きくなる。
      2 現時点では2TB 以上のHDDの7200rpm は高価。(スピード重視なので)
      3 カプセルホテルの様な筐体ですとHDDを差し替えるのが簡単ですので交換が容易。
      と言う事でしょうか。
      容量が一杯になれば差し替えてプラの容器に入れて保存してます。
      必要になれば差し替えてアクセスします。
      色々と試して見たのですが、この方法が1番コストも安いし簡単です。
      HDDは通電してると回転するので障害が発生する確率が高くなるのですが、外して保存してるとながもちです。
      すでに10年以上保存してるHDDでも差し替えれば普通にアクセス出来ます。
      それと外付けHDDはUSB3.1 で接続するタイプがアクセスが早くてGoodです。
      ではでは。

      1. mukataka2002さん

        丁寧な返信ありがとうございました。
        私も内蔵型HDDをUSB接続できる変換器を持っているので、最適な保存方法を再考してみます。

        1. 味谷

          何なりと疑問点有ればご連絡頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>