«

»

7月 26 2020

Nikon Z50,Z6,Z7 Firmware Update

ニコンのミラーレス機である Z50, Z6, Z7 用のファームウェア更新が出てます。また、FマウントレンズをZシリーズに接続するマウントアダプターFTZのファームウェアも更新されました。
早速当方愛用の Z6 に対してファームウェア更新を行いました。無事終了して問題無く稼働してます。
FTZに対しても更新済ませました。

Nikon Z6 Firmware Ver.3.10 の内容

  • ニコン Z マウント用テレコンバーター Z TELECONVERTER TC-1.4x / TC-2.0x に対応しました。
  • F マウントレンズのファームウェアのバージョンアップに対応しました。
    ※ マウントアダプター FTZ のファームウェアバージョン 1.10 以降で対応
  • 露出設定ステップ幅 1/3 段に設定時の一部の F 値の表示を変更しました。(F1.2 → F1.3)
    ※ NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct が対象レンズです。(2020 年 7 月 21 日時点)
  • [AE ブラケティング]と[高速連続撮影(拡張)]を組み合わせた時、撮影中に AE-L を行うことで、オートブラケティングで設定した補正ステップ量が正確に反映されるように変更しました。
  • 外部レコーダー *1 と HDMI で接続し動画撮影を行う場合に、特定の条件 *2 下でもカメラ側の操作で動画記録開始・停止ができるよう変更しました。
    *1 :Atomos Open Protocol に対応した外部レコーダー
    *2 :以下すべてを満たす場合
    – 動画モードに設定し、外部レコーダーと HDMI で接続している
    – メモリーカードが装填されている
    – [セットアップメニュー]>[HDMI]>[詳細設定]で以下に設定されている
    ▹ [外部記録制御]>[する]
    ▹ [出力ビット数]>[10 ビット]
    ▹ [N-Log設定]>[しない]
    – [動画撮影メニュー]>[画像サイズ / フレームレート]で[3840×2160 30p / 25p / 24p]に設定されている
  • 以下の現象を修正しました。
    – 下記条件にて外部ディスプレイにHDMI接続するとカメラ背面モニターが緑被りする。
    [条件]
    ▹ [静止画撮影メニュー]>[色空間]>[Adobe RGB]
    ▹ [カスタムメニュー]> g[動画]> g2[カスタムボタンの機能]>[シャッターボタン]>[動画撮影]
    ▹ [セットアップメニュー]>[HDMI]>[詳細設定]>[出力ビット数]>[10 ビット]
    ▹ [セットアップメニュー]>[HDMI]>[詳細設定]> [N-log設定]>[する(カード記録不可)]
    ▹ [セットアップメニュー]>[HDMI]>[詳細設定]> [ビューアシスト]>[する]
    ▹ 静止画 / 動画切り換えレバーで動画モードを選択
    – 縦位置撮影画像を PictBridge の範囲指定で印刷したときに、指定した範囲(位置)と印刷した画像が一致しない。
    – NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR を沈胴状態から回したと同時にカメラ電源を ON にすると、まれに AF が作動しない。

マウントアダプターFTZのFirmware Ver.1.10 の内容

  • Fマウントレンズのファームウェアのバージョンアップに対応しました。

キャッチアップ画像として先日撮影したアマサギをUpさせて頂きます。

撮影データ:Nikon D500 AF-S Nikkor 500mm f/5.6E 露出Mode:Manual 1/2000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 アマサギ
D5S_5094_blog

写真2 アマサギ
D5S_5123_blog

写真3 アマサギ
D5S_5124_blog

写真4 アマサギ
D5S_5164_blog

写真5 アマサギ
D5S_5177_blog

写真6 アマサギ
D5S_5338_blog

写真7 アマサギ
D5S_5605_blog

写真8 コサギ
D5S_5618_blog

写真9 アマサギ
D5S_5741_blog

写真10 アマサギ
D5S_5747_blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>