«

»

12月 27 2019

インターネットの脆弱性

先日は Facebook から2億6700万人分の個人情報流出の騒ぎがあり、また神奈川県庁では廃棄ハードディスクの転売で危うく個人情報流出かとの記事が報道されてます。
Facebook の仕組みはITに詳しい人間からすると大変危険な実装を行っている事は容易に想像出来るのもですが、情報処理に携わって居られる方々でもセキュリティーに疎い方々があまりにも多く、情報の保全に気が回らないのが実情では無いでしょうか。

さて前置きはこの位にして、最近当方のHome Page(このBlog・Home Page サイト)の閲覧数が通常に比べて数値が3倍以上に伸びてる事が気掛かりでした。その日のBlog内容も左程大きなトピックスでは無いのでさらに疑問を感じてました。通常では300~500名位の方が閲覧して、少し興味深い記事だと1000名オーバーが通常ですが毎日1500件以上のアクセスが見受けられました。
そこで内容を分析するとTop Pageの”お問合せ”からのロボットによる不当なアクセスでSPAM(迷惑メール)を多量に発生させるハッキングである事が判明しました。多くのドメインは “RU”と言う事でロシアのサイトからのアクセスでした。

ここからはWordpress等に興味がある方向けなので読み飛ばして下さい。
当方のサイトはレンタルサーバ上にFreeのHome Page,Blog開発ツールであるWordpressを使い構築してます。この”お問合せ”ページは WordPress の Contact Form 7 で構築してるのですがロボットの餌食になる要素を秘めてます。しかし世界最強のSPAM防止ツールを提供しているGoogle博士が素晴らしいツールを準備してました。それは Google の reCAPTCHA と言うツールです。このツールを導入する事で見る見るうちにSPAMを撃退出来て安定した運用に戻りました。当方はこちらのサイトから構築方法を学びましたので苦労されてる方は是非ご覧頂ければと思います。
ここまで

迷惑メールでお困りの方はGmailを使用される事をお勧めします。Gmailは世界最強のSPAM防止データベースでSPAMをブロックしてくれます。
iMAP4と言うプロトコルで色んなデバイスからのメールアクセスも可能な上に今お使いのメールアドレスから転送させてGmailで一括処理する事でGmailの恩恵を受けられます。また返信時には元のメールアドレスで返信も可能です。
また、メールのシグナチャー(signature)に住所や電話番号は書かないのが良いと思います。

キャッチアップ画像として以前撮影した、雪山のオオマシコをUpさせて頂きます。

撮影データ:Nikon D700 AF-S Nikkor 500mm f/4E + TC-14EⅡ 露出Mode: Manual 1/250秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 オオマシコ
D7M_6030_blog

写真2 オオマシコ
D7M_6059_blog

写真3 オオマシコ
D7M_6101_blog

写真4 オオマシコ
D7M_6049_blog

写真5 オオマシコ
DSC_2714_blog

写真6 オオマシコ
DSC_2614_blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>