«

»

7月 22 2015

慶良間の夏

夏の慶良間を満喫したいと言う強い思いでダイビングツアーを企画しましたが台風の影響で順延し漸く7/14日~7/21日の日程で慶良間を訪れました。
うねりが残っていたり、熱低が突然現れたりと最高の海況とは言えない状況でしたが、なんとか夏の慶良間を満喫出来ました。日程の最初はメンバーも少なく撮影には絶好のコンディションであり思う存分シャッターを切る事が出来ました。
夏の慶良間と言えばキンメモドキやスカシテンジクダイの子供達が大きな群れでイソバナ等を被いつくしている光景が目に浮かびます、今年も素晴らしい群れをあちらこちらで見ることが出来ました。
今回も20年来お世話になっている慶良間の慶留間島にあるマリンサービスゲルマさんにお世話になりました。
まずは夏の慶良間を代表するキンメモドキ、スカシテンジクダイの群れをUpさせて頂きます。

撮影データ:Nikon D7000 TOKINA Fisheye 10-17mm F3.5-4.5 with Nexus Housing ストロボ INON D240 x2 灯 RAW Mode Manual 露出

写真1 夏の慶良間
D7T_6633_blog

写真2 夏の慶良間
D7T_6326_blog

写真3 ハナミノカサゴ
D7T_6288_blog

写真4 イソバナとミノカサゴ
D7T_6292_blog

写真5 夏の慶良間
D7T_6456_blog

写真6 夏の慶良間 根を被いつくすキンメモドキ
D7T_6425_blog

写真7 夏の慶良間
D7T_6421_blog

写真8 夏の慶良間
D7T_6414_blog

2 comments

  1. マッシー

    夏の慶良間を満喫されたとのこと、お喜び申し上げます。
    海のワンダーラドを先ずは魚眼で・・・。真似できない世界だけにホント凄いと思います。
    ライティング難しいのでしょうね。

    1. 味谷

      コメント有難う御座います。
      お陰様で台風の合間での一時でした。光物の魚はストロボ光の当て方が難しいですね。
      お褒めに預かり光栄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>