«

»

11月 22 2019

Nikon Z6,Z7 Firmware 2.10

Nikon から昨日 Z6,Z7 用のファームウェア Ver.2.10 がリリースされました。予定されていた新メディアである CFexpress 対応かなと思ったのですが、今回は違った様です。
早速更新して作動確認しましたが特に問題は無さそうです。

Nikon Z6,Z7 Firmware Ver.2.10 の更新内容

  • Zマウントレンズ「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」と「NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」の光学式VR機構に対応しました。
    ※ただし、これらのレンズを装着すると、[カスタムメニュー]> d[撮影・記録・表示]> d5[シャッター方式]の[メカニカルシャッター]は選択できなくなり、[オート]または[電子先幕シャッター]のみが選択可能となります。
  • レンズのコントロールリングの操作で[ISO感度]が変更可能になりました。
    [カスタムメニュー]> f[操作]> f2[カスタムボタンの機能]>[レンズのコントロールリング]に、[ISO感度]が追加されました。
  • 撮影モード A または M で、「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」、「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct 」(2019年11月14日現在)に搭載されているレンズ情報パネルの表示を絞り値に切り替えたときの表示を現在の絞り値と前後の絞り値を表示するように変更しました。
  • スローシンクロを含まない[フラッシュモード]の場合、フラッシュ発光時に[感度自動制御]を[する]に設定した場合のシャッタースピード制御の動作を以下のように変更しました。
    フラッシュ撮影時のシャッタースピードはカスタムメニュー e1[フラッシュ撮影同調速度]と e2[フラッシュ時シャッタースピード制限]で設定した範囲内に制限していましたが、デジタル一眼レフカメラと同様に低速側のシャッタースピードを[感度自動制御]>[低速限界設定]で設定したシャッタースピードまで制御します。
  • [画像サイズ/フレームレート]を[1920×1080 120p]に設定して動画撮影すると、ごくまれに動画が正常に記録できない現象を修正しました。
  • EVF 点灯時に画面下部に白筋ノイズが発生する場合がある問題を修正しました。
  • 高輝度の被写体で、まれにライブビュー表示と撮影した動画の画面全体に細かい横筋ノイズが入る現象を修正しました。
  • [セットアップメニュー]の[地域と日時]>[現在地の設定]で、以下の 3都市で UTC のタイムゾーンに誤りがあったため修正しました。
    カラカス – 04:30 → – 04:00、カサブランカ 00:00 → + 01:00、アンカラ + 02:00 → + 03:00
  • 動画撮影、タイムラプス動画、動画編集で記録される動画ファイルをWindows 10のプロパティで確認すると、「メディアの作成日時」が実際の撮影日時と異なっている現象を修正しました。

レンズのコントロールリングでISO値が変更出来る機能追加はとても便利良さそうです。
露出モードマニュアルで使用した場合は絞り、シャッタースピード、ISO値が全てメニュー無しで操作出来る事になります。操作性ではミラーレス機の中でも群を抜いているZ6,Z7ですが、さらに良くなりました。

キャッチアップ画像として鳴門に無事帰ったドラマティック仕立ての ほまれ君 をUpさせて頂きます。

撮影データ:Nikon D850 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC-14EⅢ 露出Mode: Manual 1/500秒 F5.6 ISO: Auto WB: 自然光Auto RAW

写真1 ほまれ君ドラマティック
D8M_8980_blog

写真2 ほまれ君ドラマティック
D8M_9019_blog

写真3 ほまれ君ドラマティック
D8M_8946_blog

写真4 ほまれ君ドラマティック
D8M_8926_blog

写真5 ほまれ君ドラマティック
D8M_8907_blog

写真6 ほまれ君ドラマティック
D8M_8752_blog

写真7 ほまれ君ドラマティック
D8M_8741_blog

写真8 ほまれ君ドラマティック
D8M_8740_blog

写真9 ほまれ君ドラマティック
D8M_8650_blog

写真10 ほまれ君ドラマティック
D8M_8538_blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>