«

»

8月 24 2019

Nikon カメラの設定保存

本日も秋雨前線が停滞してるのか小雨がパラパラと降ってます。
と言う事で器材ネタを少しUpさせて頂きます。    
以前にもニコンデジタル一眼レフの設定ファイル保存に関して記事を書いたのですが、その後 Z6,Z7 も発売されたので今回は Z6,Z7 を中心に記事更新させて頂きます。
当方は各カメラに設定した内容を excel の表で管理してるのですが設定しなおすとなると多くの時間と手間が掛かります。    
ニコンのカメラ設定ファイルは“NCSETUP{機種毎に違う値}.BIN” と言うファイル名で保存されます。このファイルをパソコンで一括管理すれば設定の手間が省け、また同じ機種間で設定の共有も可能となります。

保存の手順記載

  • カメラのセットアップメニューを開きます。
  • カメラ設定の保存と読み込み画面に移ります。
  • 保存を押すと記録メディアに設定ファイルが保存されます。
  • パソコンに記録メディアを接続して管理するホルダーへコピーし保存します。

再設定する場合は保存された設定ファイルを記録メディアに入れてカメラにセットし ”セットアップメニュー –> カメラの設定と保存から読み込み” を押すと設定ファイルが読み込まれ再設定されます。

Z6 の設定ファイル名を確認した所 “NCSETUP002.BIN” と言うファイル名が割り当てられてました。ちなみにZ7を検索で探して見ると “NESETUP001.BIN” が割り当てられている様です。従来の方式がミラーレスの Z6 , Z7 にも適用されてました。DOSでのアクセス可能なファイル名8桁は継承されなかった様です。

カメラ機種毎の設定ファイル名

カメラ名 設定ファイル名 備考

Nikon Z7
Nikon Z6
Nikon D5
Nikon D4
Nikon D4S
Nikon D3
Nikon D3S
Nikon D3x
Nikon D850
Nikon D810
Nikon D800E
Nikon Df
Nikon D750
Nikon D700
Nikon D600
Nikon D610
Nikon D500
Nikon D2x
Nikon D300
Nikon D300S
Nikon D7500
Nikon D7200
Nikon D7100
Nikon D7000
Nikon D5500
Nikon D3400

NCSETUP001.BIN
NCSETUP002.BIN
NCSETUPJ.BIN
NCSETUP9.BIN
NCSETUPE.BIN
NCSETUP2.BIN
NCSETUP6.BIN
NCSETUP3.BIN
NCSETUPM.BIN
NCSETUPF.BIN
NCSETUP8.BIN
NCSETUPD.BIN
NCSETUPG.BIN
NCSETUP4.BIN
NCSETUPA.BIN
NCSETUPC.BIN
NCSETUPK.BIN
NCSETUP0.BIN
NCSETUP1.BIN
NCSETUP5.BIN
NCSETUPL.BIN
NCSETUPH.BIN
NCSETUPB.BIN
NCSETUP7.BIN

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
D800 も同じ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
D5000シリーズにはカメラ設定ファイルの保存機能無し
D3000シリーズにはカメラ設定ファイルの保存機能無し

尚、同一機種を複数台所有の方は同じファイルを使って設定を同じものに出来ます。   
他社のデジタルカメラも同様の機能があるかと思いますのでご利用されると何かの時に役立つかと思います。

実際の設定画面 (Nikon Z6)等を表示させて頂きます。

撮影データ:Nikon D850 AF-S Micro Nikkor 60mm f/2.8G 露出Mode:Manual 1/30秒 F5.6 ISO: Auto WB: Auto RAW

写真1 セットアップメニューからカメラ設定の保存と読み込みを表示 Z6の表示画面
D8M_7353_blog

写真2 カメラ設定の保存と読み込みから保存を選択 これで設定ファイルがメディアに保存されます
D8M_7340_blog

写真3 再設定する時は読み込みを選択します。
D8M_7350_blog

写真4 保存されたメディアをエクスプローラーで表示
Nikon_Z6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>