«

»

9月 14 2018

Nikon Capture NX-D ver.1.5.0

ニコンから当方待望の RAW現像ソフト Capture NX-D ver.1.5.0 がリリースされました。
こちらからダウンロード出来ます。
フルサイズ・ミラーレスカメラ Z6,Z7 のアナウンスと共にそーっとアナウンスされていた、あのカラーコントロール・ポイントが復活しました。ニコンよくぞ頑張ってくれたと感謝で一杯です!!
カラーコントロール・ポイントは Capture NX2 で実装していた優秀な機能でNik Sofiware の U Point Technology が使われてました。
平たく説明すると現像の重要な動作である覆い焼きや焼き込みが簡単で出来ると言う機能です。
Nik Software 社がGoogle の配下に吸収されたのでNikonはライセンスの関係によりこの機能が使えなくなりました。そこで新たに Capture NX-D をリリースしてこの機能を削除してました。この時に多くのユーザからカラーコントロール・ポイントの復活を要望されてました。
そしてこのタイミングでカラーコントロール・ポイントが復活しました。
早速インストールして試して見ました。 やはりRAWファイルで覆い焼きや焼き込みが行なえるので画像の破城が少なく綺麗に仕上がります。
Capture NX-Dでカラーコントロール・ポイントが無くなってから Photoshop のアドインとして Nik Collection が提供されてましたのでこちらを使ってましたが、Jpeg,Tiff からの補正なので破城が極めて多くて悩ましい状況でした。
特に野鳥、昆虫、動物、人物の目を活き活きさせるために少し明るくしたい時などに威力を発揮します。
ニコンのデジタル一眼レフ所有の皆様は是非、今回リリースの Capture NX-D Ver.1.5.0 を活用されて活き活きとした眼力ある作品をものにして頂ければと思います。

Nikon Capture NX-D Ver.1.5.0 の更新内容

  • Z 7、D3500 および COOLPIX P1000 に対応しました。
  • Z 7 に搭載された[回折補正]および[最新のピクチャーコントロール]に対応しました。
  • 画像の明るさや色合いなどを部分的に調整できる[カラーコントロールポイント]を追加しました。
  • 画像処理の高速化とメモリ消費量の低減を行い、より安定して動作するようになりました。
  • Picture Control Utility 2 で作成または変更したピクチャーコントロールが Capture NX-D を再起動しなくても反映できるようになりました。
  • [レベルとトーンカーブ]の[アンカーポイントの追加]で画像の任意の場所をクリックして追加したアンカーポイントが各チャンネルのトーンカーブ上で追加されない現象を修正しました。

キャッチアップ画像として先日撮影したヤマガラの写真で目が出ていないのをカラーコントロール・ポイントで補正した画像をUpさせて頂きます。

撮影データ:Nikon D5 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC-14EⅢ 露出Mode: Manual 1/1000秒 F5.6 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 弁慶ヤマガラ 顔の部分をカラーコントロール・ポイントで補正
D5M_4016_blog

写真2 ヤマガラ 逆光で目が綺麗に出ていないのでカラーコントロール・ポイントで補正
D5M_4138_blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>