1月 23 2020

Nikon Camera Software Update

Nikonから View NX-i (Ver.1.4.1) , Capture NX-D (Ver.1.6.1), Camera Control Pro2 (Ver.2.30.0) , Picture Control Utility 2 (Ver.2.4.4) , Wireless Transmitter Utility 2 (Ver.1.9.1), 及び ゆがみ補正データ (Ver.2.018) の更新がリリースされれてます。
今回のリリースは概ね D780及び COOLPIX P950 に対応したリリースです。また 正式に Windows 7 をサポート OS 対象外としてます。
既に Windows 7 は Microsoft から 1月14日付でサポート終了のアナウンスが出てますので、まだお使いの諸兄は移行を考えるべきです。
当方も先日こちらのUpdateを適用して問題無く稼働してます。なお ゆがみ補正データは F マウントレンズに対するものですので Z シリーズは対象外です。こちらを参照下さい。

本日は生憎のお天気、何故か当分お天気悪そうです。と言う事で先日ミミカイツブリ撮影に訪れた浜で出会ったウミアイサをUpさせて頂きます。

撮影データ:Nikon D5 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC-14EⅢ 露出Mode: Manual 1/1000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 ウミアイサ
D5M_7462_blog

写真2 ウミアイサ
D5M_7639_blog

写真3 ウミアイサ
D5M_7665_blog

写真4 ウミアイサ
D5M_7669_blog

写真5 ウミアイサ
D5M_7670_blog

写真6 ウミアイサ
D5M_7671_blog

写真7 ウミアイサ
D5M_7672_blog

写真8 ウミアイサ
D5M_7674_blog

1月 22 2020

お池のツクシガモ

一昨日は浜へ昨日はお山、本日は池でしょう。と言う事で丁度ツクシガモが入ってるとの話を聞いてましたので早朝から出掛けて来ました。
現地には一番乗り、良く探すと遠くの方で白いカモさんが2羽餌を探して泳いでます。雲が多くて距離あり、これでは難しいと待機。その内に雲が切れて日差しが出てくるとツクシガモもこちらへ泳いで来てくれました。昨年、干潟よか公園で1000羽と言われてるツクシガモを撮影してますが、此方での2羽もなかなか良い感じです。
ツクシガモは白い部分が多くて目の周りが黒いのでなかなか露出難しい被写体です。露出色々と変えて撮影して見ました。

撮影データ:Nikon D5 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC-14EⅢ 露出Mode: Manual 1/2000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 ツクシガモ
D5M_8597_blog

写真2 ツクシガモ
D5M_8632_blog

写真3 ツクシガモ
D5M_8637_blog

写真4 ツクシガモ
D5M_8647_blog

写真5 ツクシガモ
D5M_8963_blog

写真6 ツクシガモ
D5M_8966_blog

写真7 ツクシガモ
D5M_8969_blog

写真8 ツクシガモ
D5M_9156_blog

写真9 ツクシガモ
D5M_8992_blog

写真10 ツクシガモ
D5M_9143_blog

1月 21 2020

お山散策

昨日は浜でしたので本日はお山を散策、軽装備で彼方此方と回って来ましたが、大きな成果無しでした。
今年はウソが沢山居ついてるので目にすることが多いお山です。なかなか抜けが良い所へ止まらないのでチャンスは少ないですが綺麗に撮りたいものです。

撮影データ:Nikon D500 AF-S Nikkor 500mm f/5.6E 露出Mode:Manual 1/1000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 ウソ
D5S_3467_blog

写真2 ウソ
D5S_3481_blog

写真3 ウソ
D5S_3485_blog

写真4 ウソ
D5S_3492_blog

写真5 ウソ
D5S_3509_blog

写真6 カヤクグリ
D5S_3562_blog

写真7 カヤクグリ
D5S_3567_blog

写真8 カヤクグリ
D5S_3575_blog

写真9 ルリビタキ
D5S_3700_blog

写真10 ルリビタキ
D5S_3710_blog

1月 20 2020

波間のミミカイツブリ

ミミカイツブリが入ってるとの情報を頂戴してましたので早速出掛けて来ました。
ハジロカイツブリに比べると飛来数が少なく当地では撮影するチャンスが少ない鳥さんです。
現地へ到着するも誰も居ないので探してると波間に発見出来ました。早朝は雲が多くてフラットな光線状態でしたが何とか撮影した後に見失い、生き方不明。そんな時に鳥友さんも到着、小一時間位出て来なくて、このままでは帰れないと思ってると戻って来てくれました。
その後、雲間から太陽が顔を覗かせてくれた時、Good Timing に近くまで来てくれました。

撮影データ:Nikon D5 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC-14EⅢ 露出Mode: Manual 1/2000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 ミミカイツブリ
D5M_8099_blog

写真2 ミミカイツブリ
D5M_8184_blog

写真3 ミミカイツブリ
D5M_8198_blog

写真4 ミミカイツブリ
D5M_8212_blog

写真5 ミミカイツブリ
D5M_8265_blog

写真6 ミミカイツブリ
D5M_8273_blog

写真7 ミミカイツブリ
D5M_8278_blog

写真8 ミミカイツブリ
D5M_8299_blog

写真9 ミミカイツブリ
D5M_8305_blog

写真10 ミミカイツブリ
D5M_8319_blog

1月 19 2020

ヘラサギ滞在8日目

ヘラサギの滞在も本日で8日目、そろそろ旅立つのではと早朝から観に行って来ました。
居ました居ました、翼の中に顔を入れてお休み中。陽が昇り始める絶好のシーンですが寝たままでした。
その後もほぼ寝てる事が多くて残念な状態です、恐らく餌が少なくなって無駄に餌探しをしないのかも知れません。
ユリカモメも一羽居てその後に3羽飛んで来ましたが狩をする気配無しでオオバンが捕った小魚を奪う事に専念してる様でした。
ヘラサギもそろそろ何処かへ旅立つ気がします。

撮影データ:Nikon D5 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC-14EⅢ 露出Mode: Manual 1/1000秒 F5.6 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 朝日に照らされて
D5M_6543_blog

写真2 朝日に照らされて
D5M_6587_blog

写真3 ヘラサギ
D5M_6611_blog

写真4 ヘラサギ
D5M_6625_blog

写真5 ヘラサギ
D5M_6629_blog

写真6 ヘラサギ
D5M_6632_blog

写真7 ヘラサギ
D5M_6633_blog

写真8 ヘラサギ
D5M_6645_blog

写真9 ヘラサギ
D5M_6715_blog

写真10 ヘラサギ
D5M_6732_blog

写真11 ヘラサギ
D5M_6748_blog

1月 18 2020

愛想良しのニシオジロビタキ

皆様の暖かいご支援でとても愛想が良くなったニシオジロビタキです。
当分はこの地で越冬するのではと思われます。

撮影データ:Nikon D500 AF-S Nikkor 500mm f/5.6E 露出Mode:Manual 1/500秒 F5.6 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 ニシオジロビタキ
D5S_2967_blog

写真2 ニシオジロビタキ
D5S_2998_blog

写真3 ニシオジロビタキ
D5S_3030_blog

写真4 ニシオジロビタキ
D5S_3037_blog

写真5 ニシオジロビタキ
D5S_3056_blog

写真6 ニシオジロビタキ
D5S_3165_blog

写真7 ニシオジロビタキ
D5S_3236_blog

写真8 ニシオジロビタキ
D5S_3245_blog

写真9 ニシオジロビタキ
D5S_3266_blog

写真10 ニシオジロビタキ
D5S_3279_blog

1月 17 2020

カモメ舞うⅡ

カモメが舞うⅡではユリカモメとズグロカモメの飛翔姿を中心にUpさせて頂きます。
前編で記載しました様にユリカモメとズグロカモメの違いが分かれば良いのですが。

撮影データ:Nikon D850 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC-14EⅢ 露出Mode: Manual 1/1000秒 F5.6 ISO: Auto WB: 自然光Auto RAW

写真1 ユリカモメ飛翔
D8M_2265_blog

写真2 ズグロカモメ飛翔
D8M_2297_blog

写真3 ズグロカモメ飛翔
D8M_2303_blog

写真4 ズグロカモメ飛翔
D8M_2325_blog

写真5 ズグロカモメ 水浴び中
D8M_2371_blog

写真6 ズグロカモメ飛翔
D8M_2432_blog

写真7 ズグロカモメ飛翔
D8M_2436_blog

写真8 ズグロカモメ飛翔
D8M_2437_blog

写真9 ズグロカモメ飛翔
D8M_2440_blog

写真10 ズグロカモメ飛翔D8M_2448_blog

1月 17 2020

カモメ舞う

本日は曇天のお天気で雨が降りそうです。と言う事で撮影行は中止にしました。
先日、ヘラサギを撮影してる時にユリカモメが10羽程とズグロカモメが2羽飛来して来てました。
ユリカモメとズグロカモメはとても似てるのですがズグロカモメは少し小さくてずんぐりな体形で嘴が黒いのが特徴、その辺を判別すれば直ぐに見分ける事が出来ます。
ユリカモメは綺麗な飛翔で穏やかな性格かなと思いきやオオバンが捕まえた小魚を奪う為にオオバンに攻撃を仕掛けてました。意外と気性荒らそうです。

被写体が距離ありと思われる時はD850を使用してます、理由はトリミング耐性が強いと言う事もありますが、AFが極めて優秀です、ニコンではD5の次に優秀なAFであると思われます。

撮影データ:Nikon D850 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC-14EⅢ 露出Mode: Manual 1/2000秒 F5.6 ISO: Auto WB: 自然光Auto RAW

写真1 ユリカモメ オオバンが獲物をGetを見逃さず
D8M_2467_blog

写真2 ユリカモメ 小魚を捕まえてました
D8M_2469_blog

写真3 ユリカモメ 全員で攻撃
D8M_2470_blog

写真4 ユリカモメ 残念逃げられた
D8M_2475_blog

写真5 ユリカモメ 穏やかそうに見えるのですが
D8M_2431_blog

写真6 ユリカモメ
D8M_2455_blog

写真7 ユリカモメ 下の子はミコアイサ
D8M_2380_blog

写真8 ユリカモメ ウと鉢合わせ?
D8M_2160_blog

古い記事へ «