4月 20 2019

セイタカシギ撮影

早朝モーニングコールで鳥友さんからセイタカシギが入ってると言うお知らせを頂き出掛けて来ました。
小川のせせらぎの中で美しい水辺の貴婦人セイタカシギが居ました。
光線状態も良くて綺麗なセイタカシギ久し振りで見る事が出来ました。

撮影データ:Nikon D500 AF-S Nikkor 500mm f/5.6E 露出Mode:Manual 1/2000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 セイタカシギ
D5S_3816_blog

写真2 セイタカシギ
D5S_3880_blog

写真3 セイタカシギ
D5S_3915_blog

写真4 セイタカシギ
D5S_3937_blog

写真5 セイタカシギ
D5S_3988_blog

写真6 セイタカシギ
D5S_3991_blog

写真7 セイタカシギ
D5S_3994_blog

写真8 セイタカシギ
D5S_4023_blog

4月 19 2019

キジの母衣打ち

昨日のノゴマがまだ滞在中か確認に出掛けたのですが残念、抜けた様です。
クロツグミ、ヤブサメ、オオルリ、キビタキ、アオバト等が入ってます。なかなか手強くて絵になる様な撮影が出来ずに撤収となりました。
と言う事で一昨日撮影したキジの母衣打ちをUpさせて頂きます。
今期も鳥友さんからキジ出現場所をお聞きして出掛けては居たのですが、中々出くわさず、漸く撮影出来ました。

撮影データ:Nikon D500 AF-S Nikkor 500mm f/5.6E 露出Mode:Manual 1/1000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 キジ母衣打ち 第1ステージ
D5S_2813_blog

写真2 キジ母衣打ち
D5S_2814_blog

写真3 キジ母衣打ち
D5S_2815_blog

写真4 キジ母衣打ち
D5S_2817_blog

写真5 キジ母衣打ち
D5S_2818_blog

写真6 キジ母衣打ち
D5S_2819_blog

写真7 キジ母衣打ち 第2ステージ
D5S_2973_blog

写真8 キジ母衣打ち
D5S_2975_blog

写真9 キジ母衣打ち
D5S_2977_blog

写真10 キジ母衣打ち終了
D5S_3000_blog

4月 18 2019

ノゴマも登場

ウズラシギの様子を見に出掛けていると『ノゴマが入ってますよ』とのお電話、有難う御座いました。
今年の渡りは遅れてるのか良く解りませんが、ノゴマも来てくれました。
紅いエプロンの綺麗なノゴマでした。

撮影データ:Nikon D850 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC14EⅢ 露出Mode: Manual 1/250秒 F5.6 ISO: Auto WB: 自然光Auto RAW

写真1 ノゴマ
D8M_9417_blog

写真2 ノゴマ
D8M_9420_blog

写真3 ノゴマ
D8M_9424_blog

写真4 ノゴマ
D8M_9437_blog

写真5 ノゴマ
D8M_9484_blog

写真6 ノゴマ
D8M_9530_blog

写真7 ノゴマ
D8M_9538_blog

写真8 ノゴマ
D8M_9553_blog

4月 17 2019

ケリの子育て

本日は雉を撮影しようと早朝からバイクで彼方此方を探索してるとケリの親子が居るのを発見しました。
孵化して間もない雛が3羽、お母さんケリが雛達を集めて翼の下に入れて保温している様です。
子供達は遊び回りたいのか直ぐに出て来て彼方此方と駆け回ってました。
このお母さんケリは人間にはあまり警戒しない様です。お父さんケリは近くで見守ってました。
ヨチヨチ歩きのケリの雛とても可愛い。

撮影データ:Nikon D500 AF-S Nikkor 500mm f/5.6E 露出Mode:Manual 1/200秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 ケリの雛
D5S_3305_blog

写真2 ケリの雛
D5S_3265_blog

写真3 ケリの雛
D5S_3369_blog

写真4 ケリの雛
D5S_3375_blog

写真5 ケリの雛とママさん
D5S_3395_blog

写真6 ケリの雛とママさん
D5S_3410_blog

写真7 ケリの雛とママさん
D5S_3433_blog

写真8 ケリの雛とママさん
D5S_3437_blog

写真9 ケリの雛とママさん
D5S_3439_blog

写真10 ケリの雛
D5S_3463_blog

4月 16 2019

河口のシロチドリ

干潮が11時と言う事で撮影に適した潮回りでしたので南の河口へ出掛けて来ました。
ハマシギの群れが大きくなったのを期待ですが生憎ハマシギの群れは見当たりません。
シロチドリが沢山入って居て彼方此方でいざこざを起こしてバトル真っ最中でした。

撮影データ:Nikon D850 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC14EⅢ 露出Mode: Manual 1/2000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 自然光Auto RAW

写真1 シロチドリ
D8M_8427_blog

写真2 シロチドリ
D8M_8448_blog

写真3 シロチドリ
D8M_8515_blog

写真4 シロチドリ 激しい取っ組み合い
D8M_8657_blog

写真5 シロチドリ
D8M_8658_blog

写真6 シロチドリ
D8M_8659_blog

写真7 シロチドリ
D8M_8760_blog

写真8 シロチドリ
D8M_8761_blog

写真9 シロチドリ
D8M_8764_blog

写真10 シロチドリ
D8M_9321_blog

4月 15 2019

ウズラシギ飛来

ウズラシギが飛来していると言う情報を頂戴して出掛けて来ました。有難う御座いました。感謝!!
以前、近くの干潟に入ったと記憶してるのですが、それ以来のウズラシギです。
綺麗な夏羽のウズラシギを撮影出来ました。
今年は例年と違ってあまりこの地で見かけない鳥さんが入って来るので目が離せません。

撮影データ:Nikon D850 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC14EⅢ 露出Mode: Manual 1/2000秒 F8.9 ISO: Auto 露出倍数: –0.3 WB: 自然光Auto RAW

写真1 ウズラシギ
D8M_7745_blog

写真2 ウズラシギ
D8M_7897_blog

写真3 ウズラシギ
D8M_8067_blog

写真4 ウズラシギ
D8M_8114_blog

写真5 ウズラシギ
D8M_8136_blog

写真6 ウズラシギ
D8M_8160_blog

写真7 ウズラシギ
D8M_8178_blog

写真8 ウズラシギ
D8M_8230_blog

4月 14 2019

続ヤツガシラ

今年の3月から4月の初旬にかけて石垣、与那国ではヤツガシラの出現回数が多くて昨年坊主に終わった小生は予定すればよかったと後悔していた所です。
しかし不思議なもので自宅から十数分の場所にヤツガシラが来てくれました。この地への滞在時間は2日間でしたが大興奮の中で撮影出来ました。
欲を言えばもう少し滞在日数が長ければ色んなシーンを撮れたかと思いますが、次回の楽しみにしたいと思います。
と言う事でタグクラウドの出現回数を上げるうえで、もう少しUpさせて頂きます。

撮影データ:Nikon D5 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC-14EⅢ 露出Mode: Manual 1/2000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 ヤツガシラ 冠羽をあげて
D5M_3969_blog

写真2 ヤツガシラ
D5M_3942_blog

写真3 ヤツガシラ
D5M_3935_blog

写真4 ヤツガシラ
D5M_3885_blog

写真5 ヤツガシラ
D5M_3674_blog

写真6 ヤツガシラ
D5M_3660_blog2

写真7 ヤツガシラ
D5M_3502_blog

写真8 ヤツガシラ
D5M_3327_blog

写真9 ヤツガシラ
D5M_3021_blog

4月 13 2019

槇尾川散策

ヤツガシラの騒動で賑わった週でしたが漸く落ち着いた感のある地元です。
お天気も良くて風も無いので槇尾川を中心に彼方此方と散策して来ました。途中で鳥友さんと合流して新たなポイントを教えて頂きながらの散策となりました。
しかしながらお天気が良くて快適な日は鳥さんは出ないものです。
何時もの場所にクサシギとイソシギが仲良く餌を探して居たので撮影、両者の違いが良く解りました。

撮影データ:Nikon D500 AF-S Nikkor 500mm f/5.6E 露出Mode:Manual 1/2000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 クサシギ
D5S_1918_blog

写真2 クサシギ
D5S_1942_blog

写真3 イソシギ
D5S_1946_blog

写真4 クサシギとイソシギ 手前がクサシギ
D5S_1955_blog

写真5 イソシギ
D5S_1975_blog

写真6 クサシギ
D5S_1994_blog

写真7 クサシギ
D5S_2039_blog

写真8 クサシギ
D5S_2081_blog

写真9 クサシギとイソシギ
D5S_2099_blog

古い記事へ «