2010年08月慶留間


7月31日〜8月6日 今年の夏は慶良間の慶留真島に行ってきました。慶良間全体お客さんの数が少ないような印象でダイバーの数も例年に比べ少ない様です。そして久し振りに台風の陰が無い慶良間の素晴らしい海を堪能しました。 真夏の慶良間とは思えない鱗雲が出たりと気候が少し変で、水温も30度と珊瑚の白化現象が心配な状況でしたが、マリンサービス慶留間でのびのびとしたダイビングを満喫しました。合計で16本のダイビングを行いましたが、それぞれ特徴のあるポイントで満足です。同行の池田さん、成宮さん有り難う御座いました。
今回の撮影機材は2セットで1セット目はNexus D90にNikon D90をセットしレンズは VR Micro Nikkor 105mm F2.8G ストロボはINONのD-240とS-2000を光ケーブル接続でS-TTL接続しています。そして2台目は Nexus D700 に Nikon D700 レンズはSigma Fisheye 15mm F2.8 ストロボは Inon のD-240 と D-220 をケーブル接続してマニュアルで使用しました。
2台を同時に持ち運ぶのは大変でしたが、その代わりに被写体を逃すことなく撮影できるのでこのスタイル重宝しそうです。

ウミガメ

サンシャワー

デバスズメダイ

アザハタ

カエルウオ

(撮影:慶良間)


ウミタケハゼ

カクレエビ

ガラスハゼ

カクレエビ

アカメハゼ

(撮影:慶良間)

ヤシャハゼ

ヤシャハゼ

ネジリンボー

イソバナ

イソバナ

(撮影:慶良間)


Goto Home